理容・美容はさみ 修理・改造 研ぎ・研磨







その他の加工





無理やり加工


ヘネシータイプのハンドルですが 使いにくいということで


こんな感じにしました コブもつけています


かなり無理やりの加工ですが、喜んでいただけました。



柄下げ加工

このハンドルの標準の角度


結構下げています


このくらい下げるのには、曲げるだけでは無理がありますので、
根元を切って、溶接で付け直ししています。



こぶつけ加工

5インチカットシザーです


上柄のほうにこぶを付けました


工程は

分解して


肉盛りします


荒削り 形成


磨いて


仕上り




柄つめ・伸ばし加工


・一般的に男性の手は大きめで、女性の手は小さいのですが、市販されている鋏はあまりその辺を考えられていません。

・どちらかと言うと、標準的な男性向きのサイズが多いようです。

・そのため、その「標準的」からはずれてしまうと、鋏に手をあわせなければいけなくなり、余分な力がかかったりして、思うようなカットができなくなってしまいます。

・指穴でしたら、指の細い人は指リングである程度修正がききますが、長さが合わないと、如何ともしがたいところとなってしまいます。

・手の大きな人には柄が短くて窮屈になり、自由なカットが出来ず、手の小さな人には柄が長すぎて、ブレてしまいます。

・柄の長さ加工は使う人の手に合わせて、どのようにでも長さ調整可能です。



小指かけ加工


・小指かけは鋏を安定させるためには便利なのですが、いろんな取り回しをしようとしたときにはじゃまになってしまいます。

・ネジ式のものでしたら、じゃまなときには外してしまえばいいのですが、最初からついているひげタイプのものはそう簡単には行かないかと思います。

・こちらは、完全に削除することも出来ますし、半分にする、ということも出来ます。
もちろん、長さを指定していただければ、そのとおりに加工いたします。

・また、ネジ式の小指かけをご指定の長さにつめることも出来ます。


ロゴ・文字消し


・鋏を購入された時点で、ほとんどの鋏がロゴマーク等が入っているかと思いますが、お使いになっていく上で、なんとなく邪魔だな、と思われましたら、消すことも出来ます。

・もちろん消したあとは磨き上げますので、何もない、ピカピカの状態になります。



研ぎだけでは直らないときには

・先端が細くなりすぎてしまったり、刃元を削りすぎて刃線が狂ってしまったりすると、刃を付けてもちゃんとした切れかたになりません。

・また、刃をつける際に、鈍角の刃を付けてしまうと、刃の持ちはいいのですが、切れかたは悪くなります。

・このような状態の場合には、修理となります。



施工者


〒019-2613
秋田市河辺松渕字小川原 3-1
はさみ工房 田原政夫

0120-833-783 → 070-5473-1665


※フリーダイヤルにかけていただくと、携帯につながります。
※いたずら電話防止の為、番号非通知だと受けられない設定にしています
番号通知の上おかけください。
(ご了解がない限りこちらからおかけすることはありません)




お問い合わせ




このページのTOPへ



工房主



お問い合わせは 

フリーダイヤル

0120-833-783
           

こちらにかけていただくと、田原の携帯につながります。


電波状況の悪いときや作業中など、出られないときがありますので、その際にはおかけ直し下さい。
※AM8:00〜PM9:00の間でお願いします。


また、いたずら電話防止のため、番号非通知では受けることができない設定にしています。
電話番号を通知設定にした上でおかけください。

※ご了解をいただかない限り、こちらから電話をかけ直しすることはありませんので、ご安心ください。

 
携帯直通
070-5473-1665




お問い合わせは
こちらでも承ります

Yahooメール
Gmail


メニュー

Top
刃加工
柄交換

指穴縮小・拡大
セニング櫛刃加工
その他加工

研ぎ・調整
・料金
動画